Category: 未分類

ノンコメドジェニック

ニキビ適度に皮脂をコントロールすることが、ニキビ対策として重要ですが、化粧品として開発されたノンコメドジェニックもポイントになってきます。ニキビに対して有効というわけではなく、ニキビの原因となってしまうアクネ菌の養分になりにくい油性であるところがポイントです。つまり、原因になる部分から対応できる化粧品といえるでしょう。コメドとは、皮脂の出入り口を塞いでしまっている状態のことを指します。ここからニキビに発展するようになるため、コメドにならないようにできる化粧品は重要な意味があるでしょう。リスクを下げながらも、皮脂を適切にできるようになりますので効果的な化粧品です。ただし、ニキビを治せるようなものではありません。

油溶性の成分は、過度に使えば逆効果になっていきます。水分の蒸発を防ぐためには欠かせませんが、あまりに多くなれば、皮脂腺をふさぐことになり、ニキビを作り出すように仕向けてしまうからです。皮脂腺の量を考えて塗り厚をコントロールするのが重要となってきますが、Tゾーンといった場所は薄くしながら、目元や口元は少し厚めにするといった方法が有効になるでしょう。必要のない分は除去して清潔にして、油分も補給してあげれば、ニキビ対策として有効です。


ビタミンC誘導体

ニキビが気になるときには、皮脂は適度にコントロールしていくのがポイントになってきます。化粧品選びでも重要になってきますが、成分によってコントロールしやすくなるものがあるのも知らなければいけません。水溶性ビタミンC誘導体は、有名な成分です。リン酸アスコルビルNaやリン酸アスコルビルMgといった成分が知られていますが、皮脂をコントロールできるようになるため、配合されているものを選ぶといいでしょう。

クリーム肌を整えるという部分では、エイジングケア化粧品もポイントになってきます。これらの化粧品の中には、レチノイン酸トコフェリルやレチノールといった成分が良く使われますが、皮脂をうまくコントロールできるようになるでしょう。皮脂の酸化を防ぐという点では、ビタミンE誘導体やフラーレン、アスタキサンチン、リコピンといった成分も有効となってきます。酸化を防げば、バリア機能を有効に使えるようになってくるのですから、ニキビ対策として望ましいでしょう。

油溶性成分を使うのは逆効果といわれることもありますが、実はそんなことはありません。冬の乾燥している時期や、乾燥肌になってしまっている場合には必要になってきますので、塗り厚を考えて使うといいでしょう。


保湿を考える

ニキビと皮脂の関係を考えた時に、何でも除去すればいいわけではありません。化粧品選びにも影響してきますが、脂性肌だからといって、収れん化粧水やアルコール配合といったものを使えば、逆効果になっていきます。もちろん、思春期のニキビであれば、対策としても利用できるでしょう。しかし、大人になってできたニキビでは、逆に乾燥肌を作り出し、ダメージを増やしていってしまいます。

口元大事なことは、肌を健全な状態にすることです。保湿も考えるようにして、肌のバリア機能を高められれば、必然的にニキビは良くなっていきます。外部からの刺激も受けにくくなり、健康的な肌を作り出せるからです。特に目元や口元は、もともと皮脂腺も少なく、乾燥しやすい部分になっています。皮脂を奪い取ってしまえば、ニキビの原因を自分で作りだしてしまうのですから、逆効果になるでしょう。化粧水をつけるだけではなく、そのあとにふたをすることも重要です。どうしても皮脂を取り除いてしまうことも出てくるため、代わりになるように化粧品を選ぶ必要があります。保湿成分がたっぷりと入っているものを選べば、それだけでもバリア機能を維持できるのですから、適切なものを使っていかなければいけません。また、ニキビ用スキンケアとして、保湿を高めてくれる洗顔用品も販売しています。このようなスキンケアを見つけて一度試してみてはいかがでしょうか。


ニキビと皮脂

ニキビの原因というと、皮脂を思い浮かべることもあるでしょう。テカりだしてしまったりすれば、それだけでニキビの心配もしてしまいます。肌のトラブルになる場合もありますが、実際にはそれだけではありません。

鏡そもそも皮脂とは、皮脂腺から分泌される物質で、皮膚の表面に出てきます。皮脂成分となっているのは、血液や糖分などであるのも重要でしょう。皮脂はそのままではなく、汗と混じって表面を覆っていきます。これがバリア機能のひとつであり、肌の内部にある水分の蒸発を防げるようになる大事な成分です。そもそも必要だからこそ、人間の体のいたるところに皮脂腺が存在しています。ない場所は手のひらと足の裏ぐらいですので、どれだけ必要なのかがわかるでしょう。

問題はニキビの原因になる場合です。皮脂腺は毛包とともに存在するもので、毛が生えていれば皮膚の中にあります。通常何ら問題がありませんが、皮脂腺肥大大型毛包になると、詰まってしまうようなことが起きるため、これがニキビの原因となってしまうのが重要です。

他にも皮脂が分泌され過ぎると、ほこりや汚れを引きつけてしまうこともニキビにつながります。ですが、全部落としてしまうと、バリア機能まで失ってしまうのですから、過剰分泌を抑えていくのが重要です。化粧品に関しても皮脂をうまくコントロールしていく方法が必要となってきますので、参考にしながらニキビ対策を進めてみてはいかがでしょうか。