ノンコメドジェニック

ニキビ適度に皮脂をコントロールすることが、ニキビ対策として重要ですが、化粧品として開発されたノンコメドジェニックもポイントになってきます。ニキビに対して有効というわけではなく、ニキビの原因となってしまうアクネ菌の養分になりにくい油性であるところがポイントです。つまり、原因になる部分から対応できる化粧品といえるでしょう。コメドとは、皮脂の出入り口を塞いでしまっている状態のことを指します。ここからニキビに発展するようになるため、コメドにならないようにできる化粧品は重要な意味があるでしょう。リスクを下げながらも、皮脂を適切にできるようになりますので効果的な化粧品です。ただし、ニキビを治せるようなものではありません。

油溶性の成分は、過度に使えば逆効果になっていきます。水分の蒸発を防ぐためには欠かせませんが、あまりに多くなれば、皮脂腺をふさぐことになり、ニキビを作り出すように仕向けてしまうからです。皮脂腺の量を考えて塗り厚をコントロールするのが重要となってきますが、Tゾーンといった場所は薄くしながら、目元や口元は少し厚めにするといった方法が有効になるでしょう。必要のない分は除去して清潔にして、油分も補給してあげれば、ニキビ対策として有効です。