保湿を考える

ニキビと皮脂の関係を考えた時に、何でも除去すればいいわけではありません。化粧品選びにも影響してきますが、脂性肌だからといって、収れん化粧水やアルコール配合といったものを使えば、逆効果になっていきます。もちろん、思春期のニキビであれば、対策としても利用できるでしょう。しかし、大人になってできたニキビでは、逆に乾燥肌を作り出し、ダメージを増やしていってしまいます。

口元大事なことは、肌を健全な状態にすることです。保湿も考えるようにして、肌のバリア機能を高められれば、必然的にニキビは良くなっていきます。外部からの刺激も受けにくくなり、健康的な肌を作り出せるからです。特に目元や口元は、もともと皮脂腺も少なく、乾燥しやすい部分になっています。皮脂を奪い取ってしまえば、ニキビの原因を自分で作りだしてしまうのですから、逆効果になるでしょう。化粧水をつけるだけではなく、そのあとにふたをすることも重要です。どうしても皮脂を取り除いてしまうことも出てくるため、代わりになるように化粧品を選ぶ必要があります。保湿成分がたっぷりと入っているものを選べば、それだけでもバリア機能を維持できるのですから、適切なものを使っていかなければいけません。また、ニキビ用スキンケアとして、保湿を高めてくれる洗顔用品も販売しています。このようなスキンケアを見つけて一度試してみてはいかがでしょうか。