ニキビと皮脂

ニキビの原因というと、皮脂を思い浮かべることもあるでしょう。テカりだしてしまったりすれば、それだけでニキビの心配もしてしまいます。肌のトラブルになる場合もありますが、実際にはそれだけではありません。

鏡そもそも皮脂とは、皮脂腺から分泌される物質で、皮膚の表面に出てきます。皮脂成分となっているのは、血液や糖分などであるのも重要でしょう。皮脂はそのままではなく、汗と混じって表面を覆っていきます。これがバリア機能のひとつであり、肌の内部にある水分の蒸発を防げるようになる大事な成分です。そもそも必要だからこそ、人間の体のいたるところに皮脂腺が存在しています。ない場所は手のひらと足の裏ぐらいですので、どれだけ必要なのかがわかるでしょう。

問題はニキビの原因になる場合です。皮脂腺は毛包とともに存在するもので、毛が生えていれば皮膚の中にあります。通常何ら問題がありませんが、皮脂腺肥大大型毛包になると、詰まってしまうようなことが起きるため、これがニキビの原因となってしまうのが重要です。

他にも皮脂が分泌され過ぎると、ほこりや汚れを引きつけてしまうこともニキビにつながります。ですが、全部落としてしまうと、バリア機能まで失ってしまうのですから、過剰分泌を抑えていくのが重要です。化粧品に関しても皮脂をうまくコントロールしていく方法が必要となってきますので、参考にしながらニキビ対策を進めてみてはいかがでしょうか。