ビタミンC誘導体

ニキビが気になるときには、皮脂は適度にコントロールしていくのがポイントになってきます。化粧品選びでも重要になってきますが、成分によってコントロールしやすくなるものがあるのも知らなければいけません。水溶性ビタミンC誘導体は、有名な成分です。リン酸アスコルビルNaやリン酸アスコルビルMgといった成分が知られていますが、皮脂をコントロールできるようになるため、配合されているものを選ぶといいでしょう。

クリーム肌を整えるという部分では、エイジングケア化粧品もポイントになってきます。これらの化粧品の中には、レチノイン酸トコフェリルやレチノールといった成分が良く使われますが、皮脂をうまくコントロールできるようになるでしょう。皮脂の酸化を防ぐという点では、ビタミンE誘導体やフラーレン、アスタキサンチン、リコピンといった成分も有効となってきます。酸化を防げば、バリア機能を有効に使えるようになってくるのですから、ニキビ対策として望ましいでしょう。

油溶性成分を使うのは逆効果といわれることもありますが、実はそんなことはありません。冬の乾燥している時期や、乾燥肌になってしまっている場合には必要になってきますので、塗り厚を考えて使うといいでしょう。